Our Profile

鶴渕 真一(つるぶち しんいち)
つるかめ農園 代表

1978年6月22日、いすみ市生まれ。高校卒業後、進学のため横浜へ。大学卒業後、住宅メーカーに勤務。退職後、ピースボートにて世界一周の船旅をし、様々な土地や多様な人々に触れることで日本の素晴らしさや自分自身の役割を感じる。紆余曲折を経て、浦安にて平成19年より5年間合氣道を修業し直し、自然と調和した暮らしを実践するため、自然豊かないすみに戻る。現在、自然との調和と循環をテーマに、合氣道指導、米づくりを中心とした農に力を注いでいる。

鶴渕 修子(つるぶち しゅうこ)
1982年4月2日、新潟県生まれ埼玉、東京育ち。大学を卒業後、リゾートホテルを展開する会社に就職。5年間勤務の後、大学の頃からの夢だった約1年間の世界一周旅行に旅立つ。バックパッカ―生活で28カ国を訪れ、世界の様々な文化や人を肌で感じる。帰国後は自然の中で地球にも自分にも優しい大地に根を張った暮らしがしたいと感じ、縁あって2012年4月いすみ市に移住。現在は息子の子育てをしながら、農園経営を行う。ひとりひとりが本来の自分の才能を活かしながら生きるをテーマに暮らし中。

photo by  Jun Igarashi

Staff 

飯塚 真紀(いいづか まき)
群馬県出身。酷暑の町、館林市育ち。学校を卒業後、東京でOL生活をしたものの、通勤ラッシュに堪え切れず、4年で都落ち。数年に及ぶ放浪の末、環境問題への関心から、循環する農業を学ぶべく、無肥料無農薬の農園(埼玉県)にて半年間の研修を受ける。その後、群馬に戻り、不耕起農法で5年間、アズキを栽培。理想の田畑地を探す中、荒れた山林を目にし、森林整備法の習得を目指し林業女子会@東京に参加。整備活動のフィールドが千葉県市原市だったことから、千葉県に縁付き、現在に至る。

壬生田 喜貴(みぶた よしたか)

1977年1月26日、青森県生まれ。

実家の建設業を継ぐべく、高校・大学・大学院で建設を学ぶも、映画好きが高じ、映画監督を夢見て25歳で上京。

荷揚げ屋で体を鍛えながら、ワークショップで知り合った仲間と自主映画を制作し、上映会や映画祭へ出品するなど活動するも、35歳で夢を諦め、派遣社員を経て株式会社ドコモCSへ入社。

安定した恵比寿での都会生活を送りながらも、第二の人生を送りたいと常に模索し、40歳を機に退社。

かねてより興味のあった農業の世界へ足を踏み込むべく、各地の農家を回り、縁あって2017年4月より「つるかめ農園」へ。

  • Facebook - Black Circle

©2017 by つるかめ農園